有線LANとはLANケーブル(有線)で機器を接続する方法のこと。

有線なだけに通信環境が安定している、オフィスにおすすめの方法です。

しかし、有線LANと一括りにしても、工事に使われるLANケーブルには種類が。
種類を知っておかないと、工事内容に最適なLANケーブルは見極められません。

また、工事を業者に依頼するにしても、種類を知っておくというのは必要なこと。

そこで、今回は有線LAN工事で使われるLANケーブルの種類をご説明します。
ぜひ有線LAN工事を行うとき、業者に依頼するときの参考にしてみてください。

▶︎目次

1.LANケーブルとは

冒頭で紹介した通り、有線LAN工事ではLANケーブル(有線)が使われます。

LANとは”ローカルエリアネットワーク”、つまりは限られたネットワークのこと。
LANケーブルとはネットワークを構築するためのケーブルのことを指しています。

オフィス内にはパソコンや複合機、ビジネスフォンなどの接続機器が数多くあります。

これら機器同士、機器とインターネットをつなげるのがLANケーブルの役目。
有線LAN工事では各機器ごとにLANケーブルを敷設し、接続していく訳です。

2.LANケーブルの種類

LANケーブルとは機器同士をつなげて、ネットワークを構築するためのものでした。
では、有線LAN工事に欠かせない、LANケーブルの種類と特徴をご説明しましょう。

カテゴリー

LANケーブルの種類としてまず”カテゴリー”があります。

カテゴリーとは通信速度、伝送帯域を表す種類のこと。
現在、LANケーブルには以下のようなカテゴリーがあります。

  • カテゴリー5…100Mbps 100MHz
  • カテゴリー5e…1Gbps 100MHz
  • カテゴリー6…1Gbps 250MHz
  • カテゴリー6A…10Gbps 500MHz
  • カテゴリー7…10Gbps 600MHz

一般的なオフィスであれば”カテゴリー5e”または”カテゴリー6”が。
ITに特化したオフィスであれば”カテゴリー6A”以上というのも。

ちなみに、通信速度というのはもっとも遅いものに合わせる性質が。
カテゴリー6Aでも、回線自体が1Gbpsまでだと十分な速度は出ません。

太さ

LANケーブルには”(ケーブルの)太さ”にも種類があります。

太いほど安定した通信ができ、細いと隙間などに配線しやすい特徴が。
LANケーブルには以下のような太さの種類が提供されています。

  • スタンダードタイプ…直径5.6mmと、現在もっとも普及しているタイプ
  • スリムタイプ…直径3.8mmと、ちょっとした隙間に配線しやすいタイプ
  • フラットタイプ…厚さ1.4mmと、ドアの隙間などにも通せるタイプ

有線LAN工事の魅力は通信環境が安定し、オフィス向きだということ。
であれば、特に理由がなければスタンダードタイプが最適と言えるでしょう。

スリムタイプやフラットタイプは部分的に、隙間に使うのに向いています。

構造

LANケーブルの種類としては”構造体(内部)”にも違いが。

LANケーブルにはデータ通信ができるよう”銅線”が仕込まれています。
例えば、LANケーブルには以下のような構造の種類があります。

  • UTP…2本の銅線をペアに、合計4本をより合わせたケーブル
  • STP…銅線周りに”シールド”が施され、ノイズに強いケーブル
  • 単線…その名の通り、1本の銅線のみで構成されたケーブル
  • より線…7本の細い銅線をより合わせるようにされたケーブル

UTPはもっとも安価、STPはノイズに強いので通信が安定しやすいです。
また、単線は太く硬いので長距離に、より線は柔らかいので接続部分に。

大きく性能が変わるわけではないので、状況に応じて使い分けます。

3.有線LAN工事にはどれを選ぶべき?

有線LAN工事に使われるLANケーブルの種類の多さに驚いたのでは?

では、結局のところ有線LAN工事にはどの種類のケーブルがいいのでしょう。

オフィス環境にもよりますが、主に以下の組み合わせが好まれます。

  • カテゴリー5e
  • スタンダードタイプ
  • STP

上記の組み合わせを基準に、状況に応じて他の種類を使うのがいいです。
例えば、デスク周りには曲げやすいより線を、ドアの下にはフラットタイプをなど。

もし、自分で施工するのなら、常軌を意識してLANケーブルを選んでください。

業者に依頼するのなら、専門のスタッフた状況に応じて種類を選んでくれます。

4.まとめ

今回は、有線LAN工事に使われるLANケーブルの種類についてまとめてみました。

LANケーブルの種類としては大きく分けて3つ。

  • カテゴリー
  • 太さ

有線LAN工事において一般的には以下の組み合わせが。

  • カテゴリー5e
  • スタンダードタイプ
  • STP

上記を基本に、デスク周りや隙間など状況に応じて他の種類を使います。

ちなみに、自分で施工するにせよ、業者に依頼するにせよ部材を提供するのも手です。
LANケーブルは家電量販店、ホームセンターでごく普通に提供されています。

業者が発注するより安く手に入るものなので、費用を抑えたいのならおすすめです。

ぜひ紹介した内容を参考に、有線LAN工事に合わせた種類のケーブルを選んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です