通信環境が安定しやすいことから選ばれやすい”有線LAN”。

しかし、LANケーブル(有線)で機器同士を接続する必要が。
パソコンや複合機など、接続機器が増えると増設工事の必要があります。

では、有線LANの増設工事は気軽にできるのでしょうか?

自宅規模ならまだしも、オフィス規模だとLANケーブルの本数も相当なもの。
つなぎ間違えてネットワーク全体が停止、なんてことになれば大問題です。

そこで、今回は有線LANの増設工事はできるのかについてご説明します。

増設工事には欠かせない”スイッチングハブ”の選び方もご紹介しましょう。

▶︎目次

1.有線LANの増設工事はできるの?

冒頭で紹介した通り、接続機器が増えれば増設工事の必要があります。
では、有線LANの増設工事は簡単に、できれば自分でもできるのでしょうか?

有線LANの増設工事はできる

有線LANの増設工事では一般的に”スイッチングハブ”を使って施工します。

スイッチングハブとは”集線装置”とも呼ばれ、LANケーブルの分岐点となるものです。
モデム側から1本のケーブルを、接続機器側に複数本のケーブルを接続するためのもの。

スイッチングハブにはLANポート数が、LANケーブルを接続できる本数が決まっています。

つまり、LANポート数に空きがあれば、新しいLANケーブルを差し込むだけ。
大掛かりな施工も必要なく、有線LANの増設工事をものの数分と簡単にできます。

また、有線LANの増設工事には国家資格はありません。

国家資格がないということは、誰が施工しても法律的に問題がない訳です。

しかし、規模が大きくなると、LANケーブルの配線は複雑になり難易度は上がります。
ちょっと増設するならまだしも、大掛かりに増設するのなら業者に依頼するのが安心です。

ハブに空きがないなら交換で

有線LANの増設工事はスイッチングハブのLANポート数によって変わります。

LANポート数に空きがあれば、LANケーブルを差し込むだけと簡単に。
もしLANポート数に空きがないなら、他のスイッチングハブに交換という手もあります。

このあと詳しく紹介しますが、スイッチングハブにも機種によって性能が異なります。

高性能なものになればLANポート数も多いので、増設工事もしやすい訳です。

2.スイッチングハブの選び方

LANポート数に空きがないなら、他のスイッチングハブに交換すべしとのことでした。
では、有線LANの増設工事に欠かせない、スイッチングハブの選び方をご紹介しましょう。

LANポート数

先述した通り、スイッチングハブには”LANポート数”が。

LANポート数によって接続できるLANケーブルの本数が決まります。

一般的には以下のようなLANポート数があります。

  • 5ポート
  • 8ポート
  • 16ポート
  • 24ポート
  • 48ポート

家庭用であれば5ポートや8ポートあたりがいいでしょう。
業務用でも16ポートや24ポートもあれば十分です。

LANポート数は増やしすぎると価格が高く、消費電力も大きくなります。
また、つなぎ間違いの原因にもなるので24ポート以下がおすすめです。

まずは、現在使用中のスイッチングハブのLANポート数を確認しましょう。

転送速度

スイッチングハブには”転送速度(速度性能)”というものも。

主に以下の2つに分類されます。

  • 100Mbps
  • 1,000Mbps(1GB)

数値が上がるほど、転送速度も速くなり性能のいい証拠です。

基本的に1,000Mbpsと、転送速度の速いものを選ぶのがいいです。

ただし、接続機器が古いと、100Mbpsにしか対応していないことも。
1,000Mbpsをつなげても、ほとんど効果がないので要注意です。

最近の機器は対応しているので、まず1,000Mbpsでも大丈夫と言えます。

本体素材

スイッチングハブは”本体素材”にも違いがあります。

例えば、以下のような本体素材が。

  • プラスチック製
  • 金属製

価格的に見るとプラスチック製が安いので魅力的です。
しかし、耐久力だと金属製なので業務用として人気が。

あくまで一般論の話で、実際には大きな差はありません。

予算などを含めて、どちらを選ぶか検討するのでいいでしょう。

電源タイプ

スイッチングハブには”電源タイプ”にも種類があります。

電源タイプとしては大きく分けて2つの種類が。

  • 電源内蔵型
  • ACアダプタ型

電源内蔵型は電源自体が本体に内蔵されスッキリと。
ACアダプタ型は電源が外付けで、少しだけ場所を取ります。

これも好みの問題なので、好きな方を選べばいいと思います。

ループ検知機能

スイッチングハブによって”ループ検知機能”のついた機種も。

ループ検知機能とはネットワークループを検知するための機能のこと。

ネットワークループとはLANケーブルのつなぎ間違いで起こるもの。
1本のLANケーブルを同じハブにつないでしまうミスのことです。

ネットワークループをするとネットワーク全体が停止する可能性が。

自宅規模ならすぐ発見できますが、オフィス規模となると大変です。

ループ検知機能があれば、つなぎ間違えた時点で知らせてくれます。
万が一を想定するのなら、ループ検知機能はあるのが便利です。

3.まとめ

今回は、有線LANの増設工事はできるのかについてまとめてみました。

結論を申し上げると、有線LANの増設工事は意外と簡単にできます。

特に、スイッチングハブのLANポート数に空きがあればケーブルを差し込むだけ。
空きがなくても、他のスイッチングハブに交換すれば空きを増やすことも可能です。

しかし、オフィス規模になるとLANケーブルの本数も相当なものになります。

複雑に配線されたものを、勝手に増設工事するとつなぎ間違えることも。
ネットワークループを起こすと、ネットワーク全体が停止してしまうかもしれません。

小規模ならまだしも、大規模に増設するなら業者に依頼するのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です