オフィスの新設、移転のときにまず気になるのが内装。
次に気になるのが電気やLAN、電話などの設備関係です。

特に、LAN設備は情報戦略の要として重要度の高いもの。

LAN設備の状況によっては日々の業務効率に影響します。

だからと、オフィスの新設、移転にかけられる予算には限りが。
LAN設備の費用が高いと、他にかけられる予算がなくなります。

そこで、今回は有線LAN工事の費用相場をご紹介します。

費用を抑えるコツにも触れていますので、ぜひ参考にしてください。

▶︎目次

1.有線LAN工事の費用相場

LAN設備の中でも、オフィス向きとして選ばれているのが”有線LAN”です。
では、有線LAN工事の内容と、費用相場について見ていきましょう。

有線LAN工事の内容

LANとは”ローカルエリアネットワーク(限られたネットワーク)”のこと。

有線または無線を使って、機器同士を接続したネットワークのことです。
例えば、パソコン同士や複合機、モデム(インターネット回線)など。

有線LAN工事とはLANケーブル(有線)を使った接続方法のこと。

無線LANに比べ、有線LANは通信環境が安定しやすい特徴が。
不正アクセスもされにくいので、オフィス環境に向いている方法なのです。

その為、オフィス内では主に有線LANを主体に工事を検討します。

有線LAN工事の費用

有線LAN工事の費用相場は”1坪あたり15,000円前後”です。

費用相場をより細かく、項目ごとに分けると以下のように。

  • LAN配線…3,000円/10m
  • パッチ配線…2,000円/5m
  • ルーター設置…10,000円/台
  • ハブ設置…3,000円/台
  • ネットワーク設定…7,000円/セット
  • 作業…10,000円/人

小規模は10万円ほど、中規模だと20,30万円ほど想定するのがいいです。

ただし、上記はあくまで有線LAN工事の費用相場でしかありません。
業者によってはより高い設定に、逆により低い設定にしているところも。

まずは業者に見積もりを取って、費用相場と比較してみましょう。

2.有線LAN工事の費用を抑えるコツ

有線LAN工事の費用相場は1坪あたり15,000円ほどとのことでした。
では、有線LAN工事の費用を少しでも抑える3つのコツをご紹介します。

他社でも見積もりを取る

まず、見積もりは最初の1社だけでなく、他社からも取るようにしましょう。

できれば3社以上から、少なくとも2社から見積もりを取るのがいいです。

その際、できるだけ条件を揃えるように意識してください。
依頼側の要望はもちろん、業者側の内容も揃えるとより比較しやすいです。

他社から見積もりを取ることで、費用やサービス内容を細かく比較できます。

単純に費用の安いところを選んだり、サービス内容も含めて検討したり。
他社の見積もりを上手に使えば、本命の業者の交渉に役立つかもしれません。

ただし、5,6社と見積もりを取りすぎると、把握できなくなるので要注意です。

部材を自分で用意する

次に、自分で用意できる部材に関しては、できるだけ用意するのがいいです。

例えば、LANケーブルやルーター、ハブなどは家電量販店に売っています。
より安く手に入れたいなら、格安部材専門の通販サイトを探すという手も。

業者が部材を発注すると、中間に業者の手数料が上乗せされるのです。

ちょっとした差ですが、オフィス規模にもなると無視できない費用になります。
少しでも費用を抑えたいのなら、準備できる部分は自分で行動するべきです。

ちなみに、有線LAN工事には資格がなく、できる部分を自分で施工も可能です。

拡張性を意識する

最後に、ちょっと難しいところとして、拡張性を意識するのもポイントです。

拡張性とは”LANポート数などに余裕を持たせてデザインする”ということ。
今ある接続機器よりも、少しだけ多めの台数を想定してデザインすることです。

オフィス環境というのは人が増えたり、機器を導入したりと常に変化します。

人が増えればパソコンも、機器を導入すれば有線LANを拡張する必要が。
拡張性がないデザインだと、大掛かりな工事が必要となり費用がかかります。

初期投資は高めになりますが、拡張性を意識すると将来の費用を抑えられます。

3.まとめ

今回は、有線LAN工事にかかる費用相場と節約するポイントをまとめてみました。

有線LAN工事にかかる費用相場は”1坪あたり15,000円ほど”。

小規模だと10万円ほど、中規模だと20,30万円ほどは想定しておく必要が。
もし少しでも費用を抑えたいのなら、以下の3つから意識してみるのがいいです。

  • 他社でも見積もりを取る
  • 部材を自分で用意する
  • 拡張性を意識する

特に大切なのは最初の1社だけでなく、他社からも見積もりを取って比較すること。
できれば3社以上、少なくとも2社を比較しておくとよりお得な費用を選択できます。

ぜひ紹介したポイントを参考に、有線LAN工事を納得できる費用で進めてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です